ミニクーパー クラッチ修理

ミニクーパーのクラッチペダルが動かなくなって2ヶ月あまり。

ギアは入るが、クラッチを踏んだ状態と同じ。。

動かない。。。


嫁と娘の間で、MRワゴンの取り合いが続いていた。

また、嫁からは、こんな修理ばかりの車は必要か!?

と言われ

これじゃ、まずい。

家庭は円満でないと。。。 ^^;



しかし、クラッチの何が悪い!?

まずは、キャブレターのフィルターを外す。

画像


次に、マスターシリンダーを外そうとしたが、奥のナットが外せない。。

マスターシリンダーの上のパイプのナットを緩めて、

クラッチを踏んだらクラッチが動いて、中のフルードが飛び出した!

やべっ!

画像


ま、ここでクラッチペダルが動いたと言うことは、ここまでは正常かな。


次に、スレーブシリンダーをチェック。

わがMINIは、1.3i 、エアコン装備なので、奥が見えない。。。

手が入らない。。。

とりあえず、手前のユニット等を外し、奥を見るとシリンダーが見えてきた。

画像


この固着した部分に、バールを突っ込んで、ねじってみたら、

ちょっと動き出した!

そうか! ここだ! 

CRCを多目にスプレーしてグリスを塗って、また、バールでこねる。

画像


だいぶ動き出したところで、スレーブシリンダーのブレードスクリューに

パイプを繋ぎ、ペットボトルにそのパイプを入れる。

そして、エアー抜き。

しかし、何回してもエアーが抜けない。。。


今度は、スレーブシリンダーを外すしかない。。。

画像


これを外すには、9/16インチと、5/8インチのボックスレンチ、スパナが必要です。

しかし、それがあっても難しい。。。

ジャッキアップしてタイヤを外して下からも。。。

画像


そんなこんなで、やっと外して、スレーブシリンダーを押すと、

水っぽい黒い液体が出てきた!

これだ!

ここまでしないと、普通にエアー抜きの作業では、シリンダーの中が入れ替わらない。


そして、お金がないので

スレーブシリンダーは交換せず、再度取り付け。

エアー抜きも、ほぼうまくいき、完了。

試運転、今までになかったクラッチの感触。

また、MINIが好きになってしまった。


今回の修理費

インチサイズのボックスレンチセット、スパナ、ブレーキフルード

約、7000円でした。



円満な日々に戻ることを祈る。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック